足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛とコルセットの使用

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛に悩む方は少なくないでしょう。
そんな多くの方々が悩む、坐骨神経痛の保存療法に装具療法という療法があります。
これは、腰にコルセットを装着することにより、腰椎の安定を維持して、坐骨神経痛の痛みを和らげる方法です。

このコルセットには「軟性コルセット」と「硬性コルセット」の二種類があります。
一般的なコルセットは軟性コルセットです。

元々は美容目的で作られたものですが、腰椎をしっかりと固定できるので、坐骨神経痛の症状を和らげる効果があります。
金属やプラスチック製などの硬性コルセットとは違い、腰に着けた場合もそれほど違和感はありません。

しかし、歩いていると腰痛や足のしびれが起きて、歩けなくなる間欠跛行にはあまり効果がないようです。
そのため、間欠跛行の症状がある場合は、特殊な「腰部脊柱管狭窄症用のコルセット」を使用します。

腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは少し前傾姿勢になります。
そのため、軟性コルセットに比べてると、腰部脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の症状はより緩和されます。
しかし、腰部脊柱管狭窄症用のコルセットは装着した時に違和感を感じやすく、またあまり快適ではありません。
その上、長い時間装着していると腹筋や背筋の筋力が落ちてしまうこともあるそうです。

コルセットを使用すれば、必ず坐骨神経痛は治るのかというとそうではありません。
また必ず症状が改善されるとも限りません。
まずはかかりつけの医師に相談してみましょう。

そうすれば、コルセットを使用して効果があるかどうか、あるならどのような種類のコルセットがいいのか、1日にどれくらい、どんなときにコルセットを装着したほうが良いのかなどを教えてくれるはずです。
決して自己判断でコルセットを使用しないようにしましょう。
関連コンテンツ

坐骨神経痛は足の痺れの症状

坐骨神経痛と聞くと患者さんは中高年の人だと、思うかもしれません。 しかし、実際のところはそうではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になり易いと言われていました。 しかし、最近では・・・

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛には、腰痛や足のしびれや痛みなどの症状があります。 また、比較的症状の軽い人から日常生活に支障が出るくらい症状の重い人もいます。 坐骨神経痛には実に多くの人が悩んでいるはずです。 ・・・

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療には色々な治療方法があります。 大きく分けると薬物療法、医学療法、運動療法などに分けられますが、一番の基本は絶対安静と言えます。 特に坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになって・・・