足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療には色々な治療方法があります。
大きく分けると薬物療法、医学療法、運動療法などに分けられますが、一番の基本は絶対安静と言えます。

特に坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになっていますので、不用意な無理は禁物です。
姿勢を正して腰を保護し、身体に負担がかからないようにするために、日常生活で腰に装着するコルセットを使用する場合もあります

整形外科での治療では、薬物療法も行われます。
安静にしていても症状がひどく、痛みに耐えられないときに薬で痛みを抑えるのです。
一般的に非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬か座薬で処方されることが多いようです。

腰部脊柱管狭窄症の場合は血流を良くする薬が処方されます。
これは、血液の流れの悪化が足のしびれを生じる原因だからです。
しかし、薬での治療を続けていくと副作用で、胃腸障害や心臓疾患などの心配が出てきます。

理学療法では、ホットパックなどを使用した温熱治療を行って症状を緩和します。
また、牽引治療といって、骨盤にベルトをして体を引っ張り、腰の周りの筋肉の緊張をほぐして血流を改善する方法もあります。
理学療法の中には自分で自宅でもできそうなものもあります。
しかし、勝手な自己判断で行ってしまうと症状が悪化してしまう恐れがあります。
病院で正しく治療してもらうようにしましょう。

神経ブロックは、足のしびれや痛みの原因となっている神経に局所麻酔をして、痛みが伝わるのを遮断する治療です。
痛みがブロックされることにより、血流が改善して炎症を鎮めるのです。
神経ブロックは、一度の注射で何ヶ月も痛みがなくなる人もいれば、そのまま完治してしまう人もいます。
しかし、逆に1時間ほどしか痛みがなくならないという人もいますので、神経ブロックの効果は人それぞれと言えます。
関連コンテンツ

坐骨神経痛は足の痺れの症状

坐骨神経痛と聞くと患者さんは中高年の人だと、思うかもしれません。 しかし、実際のところはそうではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になり易いと言われていました。 しかし、最近では・・・

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛には、腰痛や足のしびれや痛みなどの症状があります。 また、比較的症状の軽い人から日常生活に支障が出るくらい症状の重い人もいます。 坐骨神経痛には実に多くの人が悩んでいるはずです。 ・・・

坐骨神経痛とコルセットの使用

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛に悩む方は少なくないでしょう。 そんな多くの方々が悩む、坐骨神経痛の保存療法に装具療法という療法があります。 これは、腰にコルセットを装着することにより、腰椎の安・・・