足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛には、腰痛や足のしびれや痛みなどの症状があります。
また、比較的症状の軽い人から日常生活に支障が出るくらい症状の重い人もいます。
坐骨神経痛には実に多くの人が悩んでいるはずです。


坐骨神経痛の治療は、大きく分けると薬物療法、医学療法、運動療法などに分けられます。
ただし、「急性の坐骨神経痛」の場合には、運動療法は行わず、絶対安静が第一なのは言うまでもありません。
対して、運動療法は「慢性期の坐骨神経痛」に効果的だと言われています。


運動療法の目的は二つあります。
それは「萎縮してしまった筋肉を強くすること」と「腰の柔軟性を向上させる」です。

その中でも自宅でできる運動療法として、言われるのが腹筋や背筋です。
目安としては、健康な状態でできる回数の7割程度を目標にするといいでしょう。
例えば20回できていたなら14回が、30回できていたら21回が目安となります。
また、ウォーキングや水泳なども腰の筋肉を強くするのに適した運動です。
腰痛体操やストレッチは、腰の柔軟性を向上させます。

このとき、気を付けることはゆっくりと勢いをつけずに行うということです。
もちろん、運動療法を行うときには、準備運動をしっかりと行うことも大切です。
これらの運動は、無理をせずにできる範囲で行うことが大切です。
足のしびれや痛みなどに堪えて行うと、かえって逆効果になってしまいます。
あせりは禁物です。


運動療法を行う場合は、必ずかかりつけの医師と相談しましょう。
症状に合った運動を適切に行うことが大切です。
運動の種類によっては痛みが増したり、症状が悪化してしまったりする場合があります。
この場合はただちに運動をやめて安静にします。
自分に合った方法で負担にならない程度にゆっくりと行って下さい。


また、坐骨神経痛にはその原因となった病気があります。
まず、そちらの治療を優先して行いましょう。
そうしなければ、坐骨神経痛が改善することはないでしょう。
関連コンテンツ

坐骨神経痛は足の痺れの症状

坐骨神経痛と聞くと患者さんは中高年の人だと、思うかもしれません。 しかし、実際のところはそうではありません。 以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になり易いと言われていました。 しかし、最近では・・・

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療には色々な治療方法があります。 大きく分けると薬物療法、医学療法、運動療法などに分けられますが、一番の基本は絶対安静と言えます。 特に坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになって・・・

坐骨神経痛とコルセットの使用

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛に悩む方は少なくないでしょう。 そんな多くの方々が悩む、坐骨神経痛の保存療法に装具療法という療法があります。 これは、腰にコルセットを装着することにより、腰椎の安・・・