足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛は足の痺れの症状

坐骨神経痛と聞くと患者さんは中高年の人だと、思うかもしれません。
しかし、実際のところはそうではありません。
以前は40代を過ぎると坐骨神経痛になり易いと言われていました。

しかし、最近では若い人にも坐骨神経痛の症状がでることがあります。
原因としては、若い人の食生活による栄養不足が原因ではないかと考えられています。
また、その中でも女性の場合は、妊娠がきっかけで坐骨神経痛になってしまったという人もいます。

坐骨神経痛とは、病名ではありません。
腰痛や足の痺れなどの「症状」を表している言葉です。

坐骨神経痛になる主な原因となる病気には以下のような病気があります。
 ・腰椎椎間板ヘルニア
 ・腰部脊柱管狭窄症
 ・腰部脊柱管狭窄症
 ・ぎっくり腰
 ・腰椎すべり症
 ・腰椎分離症

などなど、腰の病気が挙げられます。
坐骨神経痛は、これらの病気によって坐骨神経が圧迫されて発症する神経痛なのです。
つまり、坐骨神経に異常があるわけではないのです。
椎間板や骨、神経、筋肉などに異常が出たことによって起こっているのです。


坐骨神経痛の症状に足の痺れがあります。
しかし、その原因は足ではなくほとんどが腰からきています。
坐骨神経痛が発症した場合は、何かしらの腰が関係する病気を持っているということになるでしょう。
そして、その病気を治療しなければ、坐骨神経痛も改善されることはありません。

坐骨神経痛は進行性の神経痛です。
その症状は、坐骨神経の圧迫の変化によって症状が進んでいきます。

坐骨神経痛の症状は、おしりの辺りのしびれから始まります。
次に、太ももの裏側から膝にかけて足の痺れが起きます。
そして、末期になると足の先にまで痺れが出てきます。
放っておくと排尿障害まで引き起こすこともあります。

足の痺れに違和感を覚えたら、早めに病院で診察を受けましょう。
関連コンテンツ

坐骨神経痛の運動療法

坐骨神経痛には、腰痛や足のしびれや痛みなどの症状があります。 また、比較的症状の軽い人から日常生活に支障が出るくらい症状の重い人もいます。 坐骨神経痛には実に多くの人が悩んでいるはずです。 ・・・

坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛の治療には色々な治療方法があります。 大きく分けると薬物療法、医学療法、運動療法などに分けられますが、一番の基本は絶対安静と言えます。 特に坐骨神経痛の急性期は、症状がピークになって・・・

坐骨神経痛とコルセットの使用

腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛に悩む方は少なくないでしょう。 そんな多くの方々が悩む、坐骨神経痛の保存療法に装具療法という療法があります。 これは、腰にコルセットを装着することにより、腰椎の安・・・