足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


外反母趾の要因は?

足の親指が人さし指側に傾いて変形し、ひらがなの「く」の字のようになる状態を外反母趾と言います。
外反母趾は足のしびれを伴う病気です
外反母趾の要因は「外的要因」と「内的要因」が考えられます。


まず、外的要因ですが、ハイヒールや先の細い窮屈な靴を履き続けていることがあげられます。
ハイヒールを履くとつま先に、足にかかる体重が集中します。
4cmのヒールで約1.5倍、9cmのヒールで約3倍になると言われています。

足は横に広がり、いわゆる「開帳足」です。
しかし、ハイヒールの先は細くなっています。
そのため、親指はひらがなの「く」字に曲がってしまうのです。

はじめのうちは、靴を履いているときにしか、足のしびれを感じません。
しかし、悪化してくると、靴を脱いだままでも痛みを感じるようになります。

その他の外的要因には、生活習慣があります。
現代社会は、以前に比べて1日の靴を履く時間が長くなっています。
逆に、裸足でいる時間が少なくなっています。

また、様々な交通手段の発達により、歩く機会が減っています。
そのため足の筋力は低下傾向にあります。
この影響で開帳足や土踏まずのない偏平足の人が増えています。
これらは、外反母趾を起こしやすい要因の一つでもあります。


内的要因には、まず女性であることがあげれます
外反母趾の発症は、女性が男性の10倍と圧倒的に女性が多く発症しています。
これは、女性が男性より関節が柔らかいことと、筋力が弱いことなどが原因だと考えられています。

その他の内的要因には、足の形があります。
外反母趾になりやすいと言われる足は、先天的に偏平足であったり、親指が人さし指よりも長いエジプト型というタイプの足だったりします。
また、関節リウマチなどの病気を持っている人も外反母趾を発症しやすいと言われています。

外反母趾は、曲がっている状態によって四つに分類されています。
その判断は、足の親指と第一中足骨との角度で判断します。
区分としては以下のようになります。
 ・正 常 … 角度が15度未満
 ・軽 度 … 15度以上20度未満
 ・中程度 … 20度以上40度未満
 ・重 度 … 40度以上
関連コンテンツ

外反母趾の改善に効果的な方法

もし外反母趾になってしまったら、足のしびれが悪化しないように毎日きちんとお手入れをしましょう。 お手入れの方法は「ストレッチ」「アイシング」「マッサージ」「就寝中の矯正」があります。 窮屈・・・

外反母趾の4つのタイプ

外反母趾は足のしびれが症状となって現れる病気です。 これには「単純型外反母趾」「開帳足型外反母趾」「バニオン型外反母趾」「病変性外反母趾」のタイプがあります。 以下ではこの四つのタイプについて説明・・・

外反母趾で足のしびれ

外反母趾は、足の親指が人さし指側に傾いて変形し、ひらがなの「く」の字のようになる状態をいいます。 外反母趾は足のしびれを伴う病気で、主な原因はハイヒールや先の細い窮屈な靴によるものです。 そのため・・・