足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


外反母趾の改善に効果的な方法

もし外反母趾になってしまったら、足のしびれが悪化しないように毎日きちんとお手入れをしましょう。
お手入れの方法は「ストレッチ」「アイシング」「マッサージ」「就寝中の矯正」があります。


窮屈な靴を1日中履いて、足の指に負担をかけてしまったときは、指間パットを足の指の間に入れてストレッチをしましょう。
20分〜30分を目安に行ってください。
指間パットをしてそれ以上の長い時間そのままにしてはいけません。
足のしびれや痛みの原因となります。


もし、外出中に痛みを感じたら、帰宅後にアイシングをします。
外出で足の指に負担がかかって炎症を起こしてしまうと、足の指が赤く腫れて、足のしびれが出たりします。
この状態を放置しないでアイシングをして、足を労わってあげましょう。
アイスパックや保冷剤をタオルなどで包んで患部を15分程度冷やします。
冷湿布を代用にしてもいいでしょう。


次に、マッサージや指圧などで足の緊張をほぐすのも大切です。
マッサージや指圧は足の指の関節や足の裏、ふくらはぎ、すねの筋肉の疲れを取り除けます。
むくんだりこわばったりした状態で放っておくのはやめましょう。
そのままにしておくと、歩行バランスが崩れてしまい、外反母趾が悪化してしまいます。


最後に就寝中の矯正です。
使用するのは伸縮性の包帯やマジックバンドなどで、就寝中に中足部を締めておきます。
中足部を締めると外反母趾の矯正になるのです。

巻き方は、親指の付け根のふくらみと小指の付け根にかけて、やや強めに巻きます。
強く巻き過ぎてはいけません。
強く巻くと逆に足のしびれを生じてさせてしまう可能性があります。
強すぎず弱すぎない程度の締め具合にしましょう。
効果としては高くありませんが、就寝中に毎日行うことによって、外反母趾の改善に効果がある場合があります。
関連コンテンツ

外反母趾の4つのタイプ

外反母趾は足のしびれが症状となって現れる病気です。 これには「単純型外反母趾」「開帳足型外反母趾」「バニオン型外反母趾」「病変性外反母趾」のタイプがあります。 以下ではこの四つのタイプについて説明・・・

外反母趾の要因は?

足の親指が人さし指側に傾いて変形し、ひらがなの「く」の字のようになる状態を外反母趾と言います。 外反母趾は足のしびれを伴う病気です 外反母趾の要因は「外的要因」と「内的要因」が考えられます。 ・・・

外反母趾で足のしびれ

外反母趾は、足の親指が人さし指側に傾いて変形し、ひらがなの「く」の字のようになる状態をいいます。 外反母趾は足のしびれを伴う病気で、主な原因はハイヒールや先の細い窮屈な靴によるものです。 そのため・・・