足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足根管症候群の症状と治療

足根管症候群の症状は足のしびれによって起こる病気です。
足の内側のくるぶしの下を通っている神経や筋、血管の通り道を足根管といいます。

この足根管内でふくらはぎから踵の近くを通り、足の裏にかけて走っている後頚骨神経が圧迫されて足根管症候群が起こります。
足根管症候群の症状には「足のしびれ」「足の痛み」などがあります。


「足のしびれ」は足の裏からつま先にかけて起こります。
ピリピリとした焼けるような「しびれ」が起こりますが、足の甲や踵はしびれません。
足の内側のくるぶしの下をたたくと、しびれているところに電気が走るような感覚があります。


「足の痛み」は足の内側のくるぶしの下がとても痛み、足の裏に違和感を覚えます。
また、特定の靴を履いた場合に痛みを感じることもあります。

しかし、痛みが出るのは主に足首のあたりです。
症状が悪化すると、つま先にまで痛みの範囲が拡がっていきます。
休んでいると痛みは基本的に治まってきます。
ただし、安静にしていても痛みが続くこともあります。


足根管症候群は、スポーツなどの運動が発症のきっかけとなることが多いようです。
足首のねんざや骨折、足首の変形やゆがみなどが原因とみられます。

病院の診察では、まず圧迫されている部分を軽く叩きます。
そして、痛みが踵から足の裏や指先にまで拡がるかどうかを診ます。このときの現象を「チネル兆候」と言います。

この確定診断には電気生理検査を行います。
また、神経の伝導障害の有無は神経伝導速度を測定します。
このとき後頚骨神経の伝導速度に遅れが認められると、足根管症候群だと確定されます。

治療はまず神経ブロックを行って患部の炎症を抑えます。
それでも効果が見られない場合は足根管を拡げる手術が必要となってきます。
関連コンテンツ

足のしびれと神経の病気

足のしびれは神経の病気によって起こると言われています。 この神経に異常がある病気は「腓骨神経マヒ」や「足根管症候群」、「糖尿病」、「椎間板ヘルニア」があります。 ここではこの四つについて説明します・・・

足のしびれと病気

足のしびれと病気には大きな関係がある場合があります。 足が痺れることがあっても、日常生活にあまり支障がないと、病院へ行こうとはなかなか思いません。そうでなくても病院に行くのはあまり好きではないという・・・