足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。
「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。
ここでは、急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。

急性期の坐骨神経痛には、次のような症状があります。
 ・おしり、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足の先などに強いしびれを感じる。
 ・おじぎをしたり、前かがみになったり、また前屈をしたときや椅子から立ち上がるときなど、ある決まった動作をすると激しい痛みを感じる。
 ・寝返りを打つと、激しい足のしびれと痛みを感じることがある。
 ・足のしびれや痛みがある方の足が鈍感である。または、敏感である。
 ・足のしびれや痛みのある方の足が動かしにくい。
 ・足のしびれや痛みがひどく、日常生活においても支障がある。
 ・足のしびれや痛みがひどく、電車やバスなどで立ち続けることが困難である。
 ・足のしびれや痛みがひどく、椅子に同じ姿勢で座っているのが厳しい。

坐骨神経痛が一番悪くなっているピーク時の状態が、坐骨神経痛の急性期です。
坐骨神経痛の中で一番辛い時期といえます。
このときには、絶対安静を心がけましょう。

そして、まずはきちんと病院で診察を受けましょう。
きちんとした診断を受けることが重要となってきます。
年齢のせいだと決め付けて、放っておくと症状がどんどん進行してしまいます。
早めに病院にかかりましょう。

また、勝手な自己判断で整体や、はり治療などを行わないことも大切です。
マッサージなどはかえって逆効果です。
下手をすると症状を悪化させてしまい、治るものも治らなくなってしまいます。
関連コンテンツ

坐骨神経痛の対処法

「坐骨神経痛」と聞くと、病気の名前だとお思いになるかもしれません。 しかし、腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は病気の名前ではありません。 これは他の病気に伴って発症する症状のことを指している・・・

足のしびれの原因〜坐骨神経痛

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、それは坐骨神経痛かもしれません。 坐骨神経痛とは、病名ではなく症状のことを指しています。 坐骨・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。 「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。 坐骨神経痛の急性期が過ぎると、身体の状態もたいぶ楽になってきます。 この時期が慢性期と呼ばれます。 急・・・