足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの原因〜坐骨神経痛

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、それは坐骨神経痛かもしれません。
坐骨神経痛とは、病名ではなく症状のことを指しています。
坐骨神経痛は、それだけで発症せず、原因となる病気に併発します。
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎間狭窄症などの腰の病気から坐骨神経痛は起こるのです。

坐骨神経とは、腰椎の4番目と5番目の神経と仙骨から出て、おしり、太ももの後ろ側、足の外側へと走っている、人体の中で最も太くて長い末梢神経です。
坐骨神経痛は、このおしりから足先に走っている坐骨神経に沿って起こる痛みです。
圧迫している神経の状態によって、症状はおしりから足先へと向かっていきます。

症状には以下のようなものがあります。
 ・おしりや太ももの裏側のしびれ
 ・膝の裏側のしびれ
 ・足先のしびれ
 ・しびれからくる歩行困難
 ・起立困難
 ・注意力や集中力の散漫

おしりや太ももの裏側までのしびれぐらいなら日常生活に大きな影響はありません。
しかし、膝の裏側から足先へとしびれの範囲が大きくなってくると歩行困難など生活に支障が出てきます。
遅くても太ももの裏側にしびれが現れた頃には、病院でも診察を受けるようにしたいものです。

坐骨神経には、知覚神経、運動神経、自律神経が走っています。
坐骨神経痛によってそれらの神経は圧迫されます。
足のしびれや痛みは「知覚神経の圧迫」で、歩行困難などの運動機能障害は「運動神経の圧迫」によって起こります。
脳が運動を命令しても足の筋肉にそれが伝わらず運動しないという脳と足とのすれ違いが発生すると、運動機能の障害が起こり、筋肉が衰えていってしまいます。
関連コンテンツ

坐骨神経痛の対処法

「坐骨神経痛」と聞くと、病気の名前だとお思いになるかもしれません。 しかし、腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は病気の名前ではありません。 これは他の病気に伴って発症する症状のことを指している・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。 「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。 坐骨神経痛の急性期が過ぎると、身体の状態もたいぶ楽になってきます。 この時期が慢性期と呼ばれます。 急・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。 「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。 ここでは、急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、次のような症状があります。 ・・・