足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


坐骨神経痛の対処法

「坐骨神経痛」と聞くと、病気の名前だとお思いになるかもしれません。
しかし、腰痛や足のしびれからくる坐骨神経痛は病気の名前ではありません。

これは他の病気に伴って発症する症状のことを指している言葉です。
ですから、坐骨神経痛が発症した場合は、何らかの腰が関係する病気を持っているということになります。
そして、坐骨神経痛を改善するには、その原因となっている病気を治さなければなりません。

坐骨神経痛が出たら、まずは状態の確認です。
どのような状態すると、腰の痛みや足のしびれがおきるのかを確認する必要があります。
腰を曲げたときに起きるのか、それとも腰を反ったときに起きるのか、または足が地面につくときに起きるのか、その状態によって発症している病気が違います。

自分の症状が把握できているれば、病院で診てもらうときにしっかり説明ができ、比較的早い段階で病気の特定ができるはずです。
しかし、症状がひどいときには、無理をせず安静にしているのが一番です。


坐骨神経痛を引き起こしている原因の病気はいくつもあります。
例えば「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「ぎっくり腰」「腰椎すべり症」「腰椎分離症」などです。

病院で診察をしてもらうと、まずはX線検査が行われます。
さらに細かな情報が必要な場合は、骨以外の状態もわかるCT検査やMRI検査を行います。
必要に応じて造影剤を使うこともあります。

検査によって原因の病気が特定できたら治療法を決めます。
西洋医学、東洋医学、民間療法などさまざまな治療法があます。
治療は整形外科、カイロプラクティック、鍼灸院、接骨院、整体院などの施設で受けられます。

注意すべき点は、どの治療法にも「良いところ」もあれば「悪いところ」もあるということです。
かかりつけの病院の先生や、同じ病気を経験している人に相談したりすると納得した方法を選び易いでしょう。

ただし、注意すべき点があります。
日本ではまだ医療行為として認められていないカイロプラクティックや整体院などは、民間療法にあたるということです。
そのため、健康保険の対象外となり、全額実費となります。

坐骨神経痛の治療は、繰り返し通院する必要があります。
治療に民間療法を選ぶ場合は、必要経費もかなりかかることになります。
その必要経費も十分に準備しておきましょう。
関連コンテンツ

足のしびれの原因〜坐骨神経痛

おしりの裏側から太ももの裏側にかけて、そして膝から足先にかけて次第に広がっていく足のしびれを感じたら、それは坐骨神経痛かもしれません。 坐骨神経痛とは、病名ではなく症状のことを指しています。 坐骨・・・

座骨神経痛の慢性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。 「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。 坐骨神経痛の急性期が過ぎると、身体の状態もたいぶ楽になってきます。 この時期が慢性期と呼ばれます。 急・・・

坐骨神経痛の急性期

坐骨神経痛には二つの種類があります。 「急性期のもの」と「慢性期のもの」がそれです。 ここでは、急性期の坐骨神経痛についてご紹介します。 急性期の坐骨神経痛には、次のような症状があります。 ・・・