足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれについて

一般的に足のしびれと聞くと、すぐに頭に浮かぶのは正座だと思います。
法事などで長時間正座をしていて、いざ立つ時に足がしびれて立ち上がれないという経験、誰もがあるのではないでしょうか?
実はこれ、足の血行不良が原因なのです。

正座をすると足が圧迫されて、足の血行が悪くなります。
このように血行不良で血液が滞ると、神経細胞が「しびれ」を引き起こすのです。
「しびれ」とは、血液不足で弱った神経が間違った信号を出したときに感じるものなのです。


「痛い」とか「熱い」「触った」などという感覚と「しびれ」を感じる仕組みは違います。
長時間正座を続けていると、「熱い」「触った」などの感覚を伝えている神経が、どんどん弱っていくのです。
そして、最終的には感覚を伝えることができなくなり、「しびれ」として認識されるのです。


正座をしているとよく「足の裏の感覚がない」状態になります。
これは神経が感覚を伝えられなくなった状態なのです。
しかし、神経の中で「痛い」を伝える神経だけは違います。
他の感覚の神経が弱っていても、間違った信号をずっと送り続けるのです。
長時間正座を続けていると、足がビリビリとしびれてくるのはそのためです。

このような正座などが原因の血行不良の足のしびれなら、心配する事はありません。
しかし、血行不良が原因でない足のしびれもあります。
このときには注意が必要です。

しびれている時間が短かったり、足の指だけがしびれていて、日常生活に支障がないような場合があります。
このときにひどくないからと言って、そのまま放置しておくととんでもないことになるかもしれません。
なぜなら、身体の調子が悪くなる直前に、足にしびれの症状が出ることがあるのです。

実際、足のしびれの原因となる病気には「脳梗塞」「脳出血」「腰椎ヘルニア」「腫瘍」などがあります。
しびれの原因を早いうちに取り除いて次の病気を予防する。
そのためにも、足のしびれが続く場合は、早めに病院で診察してもらうのが一番です。
関連コンテンツ

足の痺れはなぜ起きるの?

足の痺れはなぜ起きるのでしょう? 足の痺れの原因は大きく二つに分けられると言われています。 一つは神経性の足の痺れで、もう一つは血管性の足の痺れです。 神経性の足の痺れは、その名の通り、どこ・・・

足のしびれの原因と対処法

足のしびれを伴う病気に「動脈硬化」や「頚椎病」などがあります。 これらの病気は一般的に中高年に多いと言われています。 しかし、残念ながら加齢によって、手足がしびれて言うことをきかなくなってしま・・・

足のしびれの原因

足のしびれの原因は「体調不良」「カルシウム不足」「妊娠中」などの様々です。 ここでは上の3つの足のしびれについて説明します。 まず「体調不良」です。 この体調不良自体は「動脈硬化」「脳卒・・・