足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの原因

足のしびれの原因は「体調不良」「カルシウム不足」「妊娠中」などの様々です。
ここでは上の3つの足のしびれについて説明します。


まず「体調不良」です。
この体調不良自体は「動脈硬化」「脳卒中」「頚椎病」「腰痛」「自律神経の不安定」などの色々な病気が原因で起こるものです。
そして、この体調不良が原因で手足がしびれる症状が現れることがあるのです。

また、糖尿病の患者さんにも手足のしびれが出る場合があります。これは糖尿病の治療方法の一つである食事療法で、食事制限をやり過ぎた場合に出やすいようです。


次に「カルシウム不足」です。
よく短気な人は周囲から「カルシウムが足りない!」と言われたりします。
それはカルシウム不足だと不安定な気持ちになりやすいからです。そしてカルシウム不足でも足がしびれる症状が出ることもあるのです。

このときの足のしびれは、牛乳やチーズなどの乳製品、小魚やレバーなどの摂取量を増やせば改善されます。
ただし、これらの食材を無理して食べるのはやめましょう。
「おいしい!」と感じた食べ物が、身体が必要としているのです。
自分の好きな食材でカルシウムを補えばいいのです。
そうしないと長続きしません。


また、「妊娠中」の妊婦さんたちにも、足のしびれの症状は現れます。
そして、このときにはほとんど「めまい」や「腰痛」などの他の症状も現れやすいです。これは妊娠で大きくなっていく子宮によって、下半身の神経が圧迫されてくるためです。

このため胎児が成長するに従い、これらの症状も重くなりやすいようです。
しかし、妊婦さんにはよくある症状です。
ですから、妊娠中の足のしびれについては特に心配することはありません。


このように、カルシウム不足や妊娠中による足のしびれはきちんと対処すれば、その症状を改善することができます。
しかし、体調不良が原因の足のしびれは下手をすると大事に至ることがあります。
足がしびれて少しでもおかしいと思ったら、早めに病院で診察を受けるほうがいいでしょう。
関連コンテンツ

足の痺れはなぜ起きるの?

足の痺れはなぜ起きるのでしょう? 足の痺れの原因は大きく二つに分けられると言われています。 一つは神経性の足の痺れで、もう一つは血管性の足の痺れです。 神経性の足の痺れは、その名の通り、どこ・・・

足のしびれの原因と対処法

足のしびれを伴う病気に「動脈硬化」や「頚椎病」などがあります。 これらの病気は一般的に中高年に多いと言われています。 しかし、残念ながら加齢によって、手足がしびれて言うことをきかなくなってしま・・・

足のしびれについて

一般的に足のしびれと聞くと、すぐに頭に浮かぶのは正座だと思います。 法事などで長時間正座をしていて、いざ立つ時に足がしびれて立ち上がれないという経験、誰もがあるのではないでしょうか? 実はこれ、足・・・