足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの原因と対処法

足のしびれを伴う病気に「動脈硬化」や「頚椎病」などがあります。
これらの病気は一般的に中高年に多いと言われています。

しかし、残念ながら加齢によって、手足がしびれて言うことをきかなくなってしまうこともあります。
足のしびれの原因は自分ではわかりにくいものです。
足のしびれる回数が多くなった。
しびれがひどくなって痛みを伴うようになった。
そんなときは必ず病院で診察を受けましょう。


足のしびれからくる病気は、若いから発症しないということはありません。
実際、若い人でも足のしびれを感じる人は年々増加傾向にあります。
ただ、若い人に起きる足のしびれの原因は、中高年のような体調不良によるものは少ないようです。
どちらかというと生活習慣が原因となることが多いようです。

最近は、朝食をとらないという若者が多いようです。
しかし、実は午前中こそ、脳が一番栄養を欲しがっているのです。
体が栄養を一番欲しがっているときに、食事を取らない状態が続くと、脳は貯蓄していた養分を全部使ってしまいます。
そうすると栄養失調になってしまうのです。

このときの足のしびれは、両足ではなくて、片足だけがしびれることが多いようです。
人によって左右の足どちらかがしびれるようです。
また、足のしびれる時間帯も、朝起きてすぐだったり、就寝時間だったりと人それぞれのようです。

また、身体を冷やすことで足がしびれることもあります。
なぜなら、身体が冷えると血流が悪化して、血液が末端まで行き渡らなくなってしまうからです。
その結果、足がしびれてくるのです。

このような若者の生活習慣が原因の足のしびれは、生活の改善することによって改善します。
しかし、自己判断は危険です。
足のしびれを自覚したら、まずは病院で診察を受けましょう。
まず、原因を明確にすることが大切です。
関連コンテンツ

足の痺れはなぜ起きるの?

足の痺れはなぜ起きるのでしょう? 足の痺れの原因は大きく二つに分けられると言われています。 一つは神経性の足の痺れで、もう一つは血管性の足の痺れです。 神経性の足の痺れは、その名の通り、どこ・・・

足のしびれの原因

足のしびれの原因は「体調不良」「カルシウム不足」「妊娠中」などの様々です。 ここでは上の3つの足のしびれについて説明します。 まず「体調不良」です。 この体調不良自体は「動脈硬化」「脳卒・・・

足のしびれについて

一般的に足のしびれと聞くと、すぐに頭に浮かぶのは正座だと思います。 法事などで長時間正座をしていて、いざ立つ時に足がしびれて立ち上がれないという経験、誰もがあるのではないでしょうか? 実はこれ、足・・・