足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの種類

足のしびれの種類は多様で、さらにしびれている部位によっても痛み方は様々です。
ここではその痛み方や症状が出る部位について説明します。


まず、足の裏のビリビリとした痛みの場合です。
このときの足のしびれは、首を通る脊髄神経や頸髄などの病気が要因となり現れる場合です。
頸髄や腰髄、神経根はその位置している場所によって、足のしびれの原因となります。

足の知覚神経は、腰や頸部を通って脳に繋がっています。
ですから、足自体に何の病気がなくても足がしびれることがあるのです。
しかし、足をX線撮影してもその要因を特定できない場合があります。
この場合でもMRI撮影すると特定することができます。

これは、頸椎椎間板ヘルニアなどでよく見られる状況です。
なぜなら肝心の患部がX線では写りにくい部位だからです。
整形外科や神経内科、脳神経外科などの専門医で診察してもらうと早く原因がわかるでしょう。
症状が進行してしまうと、歩行の際によろつくこともあります。
この場合は手術による治療も考えられます。


次に、坐骨神経痛の場合です。
この場合は足の踵が痛んだり、ふくらはぎや太ももの後ろ側にしびれや痛みを感じたりします。
また、足が敏感になって靴で足が赤くなることもあります。
逆に足に刺激がないのにしびれや痛みを感じることもあります。

坐骨神経痛の主な原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などで、腰の病気が主なです。
腰の病気が原因なのに腰は痛まず足がしびれます。
そのため、原因が特定されるまでに時間がかかることが結構あります。

このときは治療と並行して、刺激の少ない靴を履くことになります。
足の裏がビリビリしびれて痛む場合は、厚くてやわらかい中敷きを靴の中に入れて使用します。
また、このときは室内でも中敷の入ったサンダルなどを履きます。
これは裸足だと足の裏を刺激してしまうからです。


最後に挙げるのは外反母趾です。
この病気は靴を脱いでも、足の親指がビリビリしびれて痛むのが特徴です。
主な原因はヒールのあるつま先の細い靴を履き続けていることです
これが原因で、足の親指の先が徐々に人差し指の方に曲がっていくのです。

そして、それによって押された部分の骨がトゲのように飛び出してくるのです。
このトゲのような骨を骨棘といいます。
これが足の指の神経を圧迫して、しびれや痛みを引き起こすのです。

外反母趾によって足元が不安定なると、上半身にも支障が出てきます。
目の疲れや肩こり、頭痛、腰痛、むくみなどがそれです。
このような症状で悩んでいる人は、たいていが外反母趾なのだそうです。
関連コンテンツ

足の指先のしびれの原因

人の腰から足にかけては、人の体の中で多くの神経が繋がってます。 何らかの原因で、その神経に異常をきたすと足のしびれを感じることがあります。 また、腰の疲労が原因で起きる足のしびれもあります。 足・・・