足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足の指先のしびれの原因

人の腰から足にかけては、人の体の中で多くの神経が繋がってます。
何らかの原因で、その神経に異常をきたすと足のしびれを感じることがあります。
また、腰の疲労が原因で起きる足のしびれもあります。
足のしびれの中で、特に指先のしびれに関係する病気には次のようなものがあります。


まず一つ目は、糖尿病の合併症である「糖尿病性神経障害」があります。
糖尿病にかかると、末梢神経が正常に働かなくなるために、手や足の指先にしびれや痛みといった症状が出ます。
これは高血糖の状態が長く続いた為に出てくる手や足の神経の障害です。

このとき、足のしびれや痛みはありますが、それ伴う足の筋力低下はないようです。
軽症のうちに治療を始めれば、このような神経障害は回復します。
しかし、症状が悪化すると足の先の組織が腐ってしまう「壊疽」や死んでしまう「壊死」の状態になります。
最悪の場合は、足の切断に至る場合があります。


椎間板が突き出て神経を刺激するため、痛みが起こる病気が「腰椎椎間板ヘルニア」です。
この病気では腰痛の他にも足にしびれが起こることがあります。
足のしびれは、特に足の外側や裏側、指先などに出てきます。

放っておくと自然に回復する場合もあります。
けれども症状が悪化してくると、立っていられなくなり、手術が必要となります。


このように、足の指先がしびれる原因には、大変な病気が隠れている可能性があるのです。
早期発見、早期治療が大切です。
足のしびれがとれずに気になっているなら、放置せずに早めに病院で診てもらうことをお勧めします。
関連コンテンツ

足のしびれの種類

足のしびれの種類は多様で、さらにしびれている部位によっても痛み方は様々です。 ここではその痛み方や症状が出る部位について説明します。 まず、足の裏のビリビリとした痛みの場合です。 このと・・・