足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


閉塞性動脈硬化症〜足のしびれ

「一定の距離を歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、少し休むと治って歩けるようになる」
このような症状を、運動不足や老化のせいと決め付けていないでしょうか。
足がしびれても少し休めば良くなるからと放っておいてはいけません。
足のしびれや痛みは、血管の詰まりが原因で起きる場合があるのです。

人間の動脈は30歳を過ぎたあたりから弾力性を失い始めて硬くなっていきます。
また、コレステロール等がその硬くなった動脈にたまると、血管の内側が狭くなります。
そうなると血液の流れがさらに悪化します。
この状態のことを「動脈硬化」というのです。

動脈硬化の特に起きやすい部分は、脳や心臓、腎臓等の動脈です。
また、首や足の動脈に同様の症状を見つけることもあるでしょう。
足の動脈に動脈硬化が起こって血管が詰まると、足のしびれや痛み、だるさ、冷えなどの症状が現れます。
これが悪化すると「閉塞性動脈硬化症」という病気になります。


閉塞性動脈硬化症は進行性の病気で、症状の状態によって以下の四つに分類されます。
 ・1期 … 足のしびれや冷感を感じる状態。
 ・2期 … ある程度の距離を歩くと足のしびれや痛みで動けなくなるが、少し休むと症状が落ち着き、また歩けるようになる状態。
 ・3期 … 安静にしていても足に痛みを感じる状態。
 ・4期 … 血流の悪い場所の皮膚がジクジクする「潰瘍」や、足の先の組織が腐ってしまう「壊疽」、死んでしまう「壊死」の状態。

現実には1期の足のしびれや冷感で病院の診察を受ける人はいないと言っていいでしょう。
治療を始めるのは、ほとんどの人が2期の状態からです。
ただし、3期〜4期まで症状が悪化してしまうと、足を切断しなければならない場合があります。
そのため、遅くとも2期までに適切な治療を始めることが大切です。
また、閉塞性動脈硬化症の患者さんは脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性が高いのでそれも気をつけましょう。
関連コンテンツ

閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれの原因が、閉塞性動脈硬化症かどうかを診る際には、まず触診が行われます。 これは足の付け根や膝の後ろ、くるぶしの内側、足の甲などにある動脈を触って、脈が触れているかどうかを診るのです。 こ・・・