足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


閉塞性動脈硬化症の検査と治療

足のしびれの原因が、閉塞性動脈硬化症かどうかを診る際には、まず触診が行われます。
これは足の付け根や膝の後ろ、くるぶしの内側、足の甲などにある動脈を触って、脈が触れているかどうかを診るのです。
このときに、脈を感じなかったり弱かったりした場合は、足の動脈が詰まっているということになります。

また他にも足首と腕の血圧を測って、その差で血管が詰まっているかどうか判断するという方法もあります。
腕の血圧よりも足首の血圧が低いと、閉塞性動脈硬化症が疑われるわけです。

次に、閉塞性動脈硬化症と診断されると、超音波、CTスキャン、MRIなどで治療のための検査を行います。
これらの検査の目的は、血管の詰まっている状態を調べることです。
また、これらの検査は外来でできるので入院する必要はありません。


閉塞性動脈硬化症の治療法は、「保存療法」と「血行再建」の二つに分けられます。
症状が1期〜2期の状態であれば、保存療法が、3期〜4期の状態であれば、血行再建を行います。


保存療法は、「薬物療法」や「運動療法」で治療します。
足の血流改善のために、血管を拡張させる薬を使うのが薬物療法です。

次に、運動療法ですが、これは無理のないくらいの距離を歩くことで行います。
これは歩くことにより側副血行路という細い血管が発達して、血流が改善されるのを狙った治療方法です。
ちなみに側副血行路という血管は、血管が閉塞したためにできた、いわば血管の自己バイパスのようなものです。


血行再建は、「血管内治療」や「バイパス手術」で血流を回復する方法です。
血管内治療は、足の付け根から先端に風船のついた細い管(カテーテル)を入れて行います。
この風船を閉塞した血管の中でふくらませて血管を拡げるのです。
また、金属製の管(ステント)を閉塞した血管の中に埋め込んで拡げる治療方法もあります。

このときの入院は2〜3日間です。
局所麻酔のみで、メスを使わずに治療ができるということで、注目されている治療方法です。

バイパス手術は、患者本人の静脈の一部又は、人工血管を閉塞した血管の中枢側と末梢側に縫い付けるものです。
これにより、新しい血流の路を作り、血流を回復させるのです。
血管が再び詰まる可能性は低くいため、もっとも多く行われます
しかし、全身麻酔で行うため、血管内治療に比べて、入院期間が長くなります。
関連コンテンツ

閉塞性動脈硬化症〜足のしびれ

「一定の距離を歩くと途中で足がしびれて歩けなくなり、少し休むと治って歩けるようになる」 このような症状を、運動不足や老化のせいと決め付けていないでしょうか。 足がしびれても少し休めば良くなるからと・・・