足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの原因〜腰椎椎間板ヘルニア

足のしびれを伴う病気には、腰椎椎間板ヘルニアもあります。

背骨を構成している椎体といううす状の骨があります。
この椎体が24個連なって背骨を構成しています。
この中で腰の部分にあるのが腰椎です。

この腰椎と腰椎とをつなぎ、クッションのような役割を果たしている軟骨を椎間板と呼びます。
椎間板は硬い線維輪と呼ばれる周辺部分と、ゼラチン状の髄核と呼ばれる中心部分で構成されています。


人間の骨は年齢と共にもろくなっていきます。
その中でも20歳を過ぎる頃から老化が始める言われているのが椎間板で、その弾力性は徐々に失われていきます。
そのため、ちょっとした衝撃で線維輪が破れて髄核が飛び出してしまいやすいのです。
その飛び出した髄核が、神経根を圧迫した状態が腰椎椎間板ヘルニアです。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアになる要因は加齢だけではありません。
骨はそのほとんどを構成するカルシウムが不足すると、スカスカになってしまいます。
この状態を骨粗しょう症と言います。
こうなると、骨がもろくなってしまうので腰椎椎間板ヘルニアになりやすくなります。


腰椎椎間板ヘルニアの症状は、身体の片側だけに症状が現れるのが特徴です。
例えば、腰痛に伴なって片方のおしりから太ももの裏、足のふくらはぎの裏から外側にかけてしびれや痛みを感じるような症状です。

腰椎椎間板ヘルニアが疑われる場合は他にもあります。
足のしびれや痛みにより足の親指をそり返す力が弱くなった場合などです。
症状が進行すると、しびれや痛みのある側の足の筋力が落ちていきます。

椎間板ヘルニアには二つの種類があります。
重い物を持ち上げた時などに起きる「急性の椎間板ヘルニア」と、症状が徐々に強くなっていく「慢性の椎間板ヘルニア」がそれです。
関連コンテンツ

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどは、時間をかけて治療することにより、症状が回復したり治癒したりします。 腰椎椎間板ヘルニアは保存療法によって症状の改善を図ります。 保存療法には「安静」「牽引」「神経ブ・・・

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアには、本格的な症状が出てくる前に初期症状が出てきます。 同じ姿勢をとり続ける事がつらかったり、運動能力や足の感覚が低下するなどの症状がそれです。 これらの症状が進行すると、本格的・・・