足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアには、本格的な症状が出てくる前に初期症状が出てきます。
同じ姿勢をとり続ける事がつらかったり、運動能力や足の感覚が低下するなどの症状がそれです。
これらの症状が進行すると、本格的に腰椎椎間板ヘルニアの症状が出てきます。


腰椎椎間板ヘルニアは腰痛に伴なって片側のおしりから太ももの裏、足のふくらはぎの裏から外側にかけて、しびれや痛みを感じるようになります。
これは髄核が神経根である坐骨神経を圧迫しているためです。
そのため、坐骨神経痛と呼ばれています。
腰椎椎間板ヘルニアでは坐骨神経痛の症状が多くみられます。
そのときの痛みは、夜も眠れない程の激痛だったり、ジワジワと痛むものだったりと人それぞれです。


運動神経が圧迫されていると、足のしびれを引き起こします。
そのため特に思い当たる原因がないのに、足がしびれているような感覚を覚えます。
症状が進行すると下半身の感覚が低下してきます。
そのため、足に触っても感覚がなかったり、体温調節ができないため足が冷えたり、排尿障害になったりします。


腰椎のすぐ近くには脊髄が通っています。
骨に囲まれた脊髄は、圧迫されても逃げ場がありません。
そのため、腰椎椎間板ヘルニアが原因で脊髄を損傷してしまうこともあるのです。
脊髄を損傷すると、下半身がマヒしてしまう可能性も高く、非常に危険です。


腰痛だけでなく違和感のある足のしびれを感じたら、早めに病院で診てもらうことをお勧めします。
決して、年齢のせいだと放置せずに早めに病院の診察を受けるようにしましょう。
腰椎椎間板ヘルニアは、脊髄への損傷がなければ適切な治療により症状の回復や軽減、そして治癒する見込みが十分にある病気なのです。
関連コンテンツ

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどは、時間をかけて治療することにより、症状が回復したり治癒したりします。 腰椎椎間板ヘルニアは保存療法によって症状の改善を図ります。 保存療法には「安静」「牽引」「神経ブ・・・

足のしびれの原因〜腰椎椎間板ヘルニア

足のしびれを伴う病気には、腰椎椎間板ヘルニアもあります。 背骨を構成している椎体といううす状の骨があります。 この椎体が24個連なって背骨を構成しています。 この中で腰の部分にあるのが腰椎で・・・