足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアのほとんどは、時間をかけて治療することにより、症状が回復したり治癒したりします。
腰椎椎間板ヘルニアは保存療法によって症状の改善を図ります。
保存療法には「安静」「牽引」「神経ブロック」などがあります。
以下ではこれらについて説明します。


まずはじめに「安静」についてです。
特に急性の腰椎椎間板ヘルニアの場合は、足のしびれや痛みが強いので、楽な姿勢で安静を心がけるようにします。
横を向いて寝ると較的楽に過ごせるはずです。
ただしマッサージ等で患部に刺激を与えると、症状がかえって悪化してしまうので注意が必要です。


次に「牽引治療」です。
これは骨盤にベルトをして引っ張る方法です。
ベルトを引っ張ったり緩めたりして腰を伸ばします。
これによって、腰の周りの筋肉の緊張をほぐして、血流を改善するのです。
この治療方法には、椎間板にかかる圧力を減らし、症状の進行を防ぐという効果もあります。

このときの牽引は二つの種類があります。
「間歇牽引」と「持続牽引」がそれです。
間歇牽引は1回10〜15分ほどの牽引を繰り返し行います。
持続牽引は弱い力で長い時間牽引し、ゆっくりと緊張した筋肉を伸ばしていくものです。


他にも「温熱療法」や「低周波療法」などがあります。
ホットパックなどを使う温熱療法は、温めることで血流を改善して筋肉の緊張を取り除く療法です。
もう一つの低周波治療は身体に電流を流し、電気の刺激によって筋肉の働きを促す療法です。


最後の療法は「神経ブロック」です。
これは足のしびれや痛みの原因となっている神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断し、血流を改善して筋肉の緊張をほぐす方法です。
この療法には「神経根ブロック」と「硬膜外ブロック」の二種類があります。

ただ注意したいのが、以下のようにブロックする神経の種類によって効果が違うということです。
 ・運動神経がブロックされると、緊張した筋肉をほぐれます。
 ・知覚神経がブロックされると、足のしびれや痛みが緩和されます。
 ・交感神経がブロックされると、血流が改善されます。

神経ブロックは麻酔です。
そのため、一度の治療で症状が改善されるわけではありません。
一時的な局所麻酔を繰り返し行うことによって、少しずつ症状を軽減していく治療方法です。
関連コンテンツ

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアには、本格的な症状が出てくる前に初期症状が出てきます。 同じ姿勢をとり続ける事がつらかったり、運動能力や足の感覚が低下するなどの症状がそれです。 これらの症状が進行すると、本格的・・・

足のしびれの原因〜腰椎椎間板ヘルニア

足のしびれを伴う病気には、腰椎椎間板ヘルニアもあります。 背骨を構成している椎体といううす状の骨があります。 この椎体が24個連なって背骨を構成しています。 この中で腰の部分にあるのが腰椎で・・・