足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

足の痺れと腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は中高年の方が多い病気と言われています。 その症状としては、腰痛や足のしびれなどがみられます。 しかし、腰部脊柱管狭窄症になっても、年齢のせいだからと諦めてしまう必要はありません。・・・
腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 しかし、手術が必要になってくる場合があります。 それは、しばらく保存療法を続けても効果が薄く、間歇跛行が改善されない場合や、足のしびれ以外に・・・
腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。 その症状には腰痛や足のしびれなどがあります。 病院での診断は、まず脊柱管が狭くなっ・・・
足のしびれが症状として出る病気には、腰部脊柱管狭窄症もあります。 脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもののことで、一般的に背骨とも言います。 そして、脊柱の中心には椎骨が連結してできた脊・・・

カテゴリー「足の痺れと腰部脊柱管狭窄症」のトップへ↑