足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


足のしびれの原因〜腰部脊柱管狭窄症

足のしびれが症状として出る病気には、腰部脊柱管狭窄症もあります。


脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもののことで、一般的に背骨とも言います。
そして、脊柱の中心には椎骨が連結してできた脊柱管と呼ばれる管があります。
この脊柱管の中には脊髄や神経根があります。
つまり、脊柱は身体を支える柱として、また神経を保護するという大切な役割を果たしているのです。


腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。
その症状としては、腰痛や足のしびれなどの症状がみられます。
一般的に、この病気は中高年に多く発症する病気だと言われています。

腰部脊柱管狭窄症の特徴は「間欠跛行」です。
例えば、歩いていると徐々に足のしびれや痛みが出てきて、歩くのが困難になるものの、しばらく休むとまた歩けるようになるという状態です。
歩くことができる時間は、1分だったり、10分だったりと、そのときの病気の状態によって異なります。
ただ、前かがみの姿勢になると、直立の姿勢より神経への圧迫が少なくなる為、比較的楽になります。

腰部脊柱管狭窄症は、圧迫されている状態によって、現れる症状が違います。
神経根が圧迫されている場合は「神経根型」と呼ばれます。
このときの症状は腰から足にかけてしびれや痛みが見られます。
左右どちらか一方の神経根だけが圧迫されるていると、圧迫された側にしびれや痛みの症状が出ます。

また、神経の束である馬尾が圧迫されると、足のしびれの他に麻痺や脱力感、排泄障害なども起こります。
これは神経根が圧迫された場合よりも重症で「馬尾型」と呼ばれます。

また神経根と馬尾の両方が圧迫される場合もあり、その場合は「混合型」と呼ばれたりします。
混合型ですから症状は複合的になります。
関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症の対処法

腰部脊柱管狭窄症は中高年の方が多い病気と言われています。 その症状としては、腰痛や足のしびれなどがみられます。 しかし、腰部脊柱管狭窄症になっても、年齢のせいだからと諦めてしまう必要はありません。・・・

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 しかし、手術が必要になってくる場合があります。 それは、しばらく保存療法を続けても効果が薄く、間歇跛行が改善されない場合や、足のしびれ以外に・・・

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。 その症状には腰痛や足のしびれなどがあります。 病院での診断は、まず脊柱管が狭くなっ・・・