足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。
その症状には腰痛や足のしびれなどがあります。

病院での診断は、まず脊柱管が狭くなっているかを調べます。
その手順としては、まずX線検査を行います。
次にそのときの状況に応じて、更に細かな情報を得るためにCT検査やMRI検査を行います。
このときには造影剤を使う場合もあります。

間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症の特徴です。
しかし、閉塞性動脈硬化症にも同様の症状がみれれるので、他の病気が考えられるかどうかも併せて診断するのです。

腰部脊柱管狭窄症でも、馬尾が圧迫され、排泄障害のなどがみられる重い症状の「馬尾型」の場合には手術が必要となります。
それに対して、神経根が圧迫され、腰や足のしびれなどの比較的軽い症状の「神経根型」の場合には保存療法で治療を進めていきます。


保存療法には「薬物療法」「理学療法」「装具療法」「神経ブロック」などの療法があります。
この中の薬物療法では、非ステロイド性の鎮痛薬や内服薬、貼付薬、塗り薬などを使用します。
あわせて、血管を拡げる作用のある循環障害改善薬を使って血流を改善していきます。

理学療法では、血流を改善するために、ホットパックなどの温熱療法を行います。
加えて、腰椎の牽引治療が行われる場合もあります。

装具療法では、腰部コルセットをつけて患部である腰部を安静にします。
屈曲コルセットで、腰を曲げた状態に患部を固定することもあります。

神経ブロックは、足のしびれや痛みなどの原因となっている神経に、局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断する療法です。
痛みがブロックされることで、血流を改善して炎症を鎮めることができます。
この神経ブロックには「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」があります。
硬膜外ブロックで効果がない場合に神経根ブロックを行うのが一般的です。
関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症の対処法

腰部脊柱管狭窄症は中高年の方が多い病気と言われています。 その症状としては、腰痛や足のしびれなどがみられます。 しかし、腰部脊柱管狭窄症になっても、年齢のせいだからと諦めてしまう必要はありません。・・・

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 しかし、手術が必要になってくる場合があります。 それは、しばらく保存療法を続けても効果が薄く、間歇跛行が改善されない場合や、足のしびれ以外に・・・

足のしびれの原因〜腰部脊柱管狭窄症

足のしびれが症状として出る病気には、腰部脊柱管狭窄症もあります。 脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもののことで、一般的に背骨とも言います。 そして、脊柱の中心には椎骨が連結してできた脊・・・