足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。
しかし、手術が必要になってくる場合があります。
それは、しばらく保存療法を続けても効果が薄く、間歇跛行が改善されない場合や、足のしびれ以外に麻痺や排泄障害などの重い症状がでる馬尾が圧迫されている場合などです。

腰部脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げて神経への圧迫を取り除くことになります。
これを「除圧」といいます。
神経がどのように圧迫されているか、また足のしびれや痛みがあるかどうかによって、手術の方法が変わってきます。

脊柱管の中の神経を圧迫しているものには椎弓、じん帯、関節突起などがあります。
椎弓とは、脊柱管の後ろの部分をいい、これは削っても身体への影響はありません。
じん帯は、骨と骨とを結んでいる組織のことを言います。

手術には「椎弓切除術」と「開窓術」の二つの方法があります。
椎弓やじん帯、関節突起の一部を広範囲に切除するのが「椎弓切除術」。
必要な部分だけを症状に応じて切除する「開窓術」です。

除圧が確実に行えるのは、椎弓切除術です。
椎弓切除術では手術後に脊椎が不安定になったりします。
この場合には、患者自身の骨や人工骨を入れて固定する「椎体間固定術」が行われることもあります。
手術によって除圧はできます。

しかし、足のしびれやマヒなどの神経の症状は少し残ってしまう場合があります。
極稀に症状が再発してしまう場合もあります。
ですから、そのことを十分理解した上で手術に臨むようにしましょう。


腰部脊柱管狭窄症は、早期の発見と治療を行えば、手術をせずに保存療法のみで症状を改善することができます。
ですから、足のしびれは、年をとったからだと自己判断で放っておいてはいけません。
違和感のある足のしびれを自覚したら、できるだけ早く病院で診てもらうことをお勧めします。
関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症の対処法

腰部脊柱管狭窄症は中高年の方が多い病気と言われています。 その症状としては、腰痛や足のしびれなどがみられます。 しかし、腰部脊柱管狭窄症になっても、年齢のせいだからと諦めてしまう必要はありません。・・・

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。 その症状には腰痛や足のしびれなどがあります。 病院での診断は、まず脊柱管が狭くなっ・・・

足のしびれの原因〜腰部脊柱管狭窄症

足のしびれが症状として出る病気には、腰部脊柱管狭窄症もあります。 脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもののことで、一般的に背骨とも言います。 そして、脊柱の中心には椎骨が連結してできた脊・・・