足のしびれに注意!〜足の痺れは病気が原因?のTOPに戻る

スポンサードリンク


腰部脊柱管狭窄症の対処法

腰部脊柱管狭窄症は中高年の方が多い病気と言われています。
その症状としては、腰痛や足のしびれなどがみられます。
しかし、腰部脊柱管狭窄症になっても、年齢のせいだからと諦めてしまう必要はありません。
意識の持ち方やちょっとした努力で、症状の進行を遅らせることが可能なのです。

症状の進行を遅らせるためには、まずは日常生活の改善です。
症状が軽ければ、日頃の姿勢に注意したり、年齢や生活環境にあった適度な運動を行ったり、肥満の予防と改善を心がけます。

立ったり、背中を反らせたりするのは、足のしびれなどの症状が出やすくなります。
症状が楽になる前屈みの姿勢をとるようにしましょう。
歩くときには杖を使ったり、また自転車に乗ったりなどして、前かがみの姿勢を保つこともできます。

また、寝るときに仰向けだと腰が反ってしまいます。
バスタオルなどを膝の下に入れて寝るようすることをお勧めします。
こうすることによって、膝が曲がり、腰が反りにくくなります。

次に、腰に負担がかかる重い荷物を持ち上げたり、腰をひねったりという動作もしないように心がけましょう。
長時間、同じ姿勢をとらないようにするのも大事です。

しかし、腰に負担をかけないようにと、安静にしていればいいというものでもありません。
なぜなら、身体を適度に動かして、筋力をつけることも大切だからです。
ただし、この場合は医師に相談して行うことをお勧めします。
自己判断で行うと症状を悪化させることにもなりかねませんのでご注意下さい。


腰部脊柱管狭窄症は病院で治療する以外でも、鍼灸やカイロプラクティックなどの治療院の治療でも効果があると言われています。
治療をどこでするか選ぶとしても、評判や口コミを参考に、自分自身が納得できる所を選びましょう。

その際の判断基準としては、腰部脊柱管狭窄症について自分にわかりやすく説明してくれたかどうかという点があげられます。
また、自分のかかっている病院や治療院に疑問を感じることがあると思います。
その場合は、一つの病院や治療院にこだわらず、他の所を受診してみてもいいでしょう。
大事なのは安心して、自分の大切な身体を預けられる病院や治療院を選ぶことです。
関連コンテンツ

腰部脊柱管狭窄症の手術

腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず保存療法が行われます。 しかし、手術が必要になってくる場合があります。 それは、しばらく保存療法を続けても効果が薄く、間歇跛行が改善されない場合や、足のしびれ以外に・・・

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

腰部脊柱管狭窄症とは、何かしらの原因で腰部の脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中の神経が圧迫される病気です。 その症状には腰痛や足のしびれなどがあります。 病院での診断は、まず脊柱管が狭くなっ・・・

足のしびれの原因〜腰部脊柱管狭窄症

足のしびれが症状として出る病気には、腰部脊柱管狭窄症もあります。 脊柱とは、椎骨が連結して柱状になったもののことで、一般的に背骨とも言います。 そして、脊柱の中心には椎骨が連結してできた脊・・・